本人確認へのご協力をお願いいたします

本人確認へのご協力をお願いいたします  平成15年1月6日より「金融機関等による顧客等の本人確認等に関する法律」(平成16年12月に「金融機関等による顧客等の本人確認等及び預金口座等の不正な利用の防止に関する法律」に改正されました。以下「本人確認法」といいます)が施工され、お客さまが200万円超の大口現金取引を行う際などに本人確認が義務付けられました。
 さらに、平成19年1月4日からはマネー・ローンダリング、テロ資金対策のための国際的な要請を受けて、本人確認法施行令が改正され、10万円を超える現金の振込みなどについても新たに本人確認が義務付けられることになりました。

ご本人を証明する書類のご提示が必要となる主な取引

  1. 口座開設(また、ご融資、保険契約などの取引を開始されるとき)
  2. 200万円を超える現金の受入または払出し
  3. 10万円を超える現金振込みなど…お振込み(入学金・授業料のお振込みを含みます)、公共料金等のお支払い(国や地方公共団体への各種税金・料金の納付を除きます)、銀行振出小切手の発行など

窓口

本人確認書類をご提示ください
預貯金口座を通じて行うお振込みの場合は、窓口でこれまで同様の方法でお振込みできます(ただし、口座開設の際に本人確認手続きがお済みでない場合は、本人確認書類をご提示いただくことがあります)。

ATM

10万円を超える現金振込ができません
預貯金口座を通じて行うお振込みの場合は、ATMでこれまで同様の方法でお振込みできます(ただし、口座開設の際に本人確認手続きがお済でない場合は、お取扱いできないことがあります)。

上記の取引以外にもご本人の確認をさせていただくことがありますので、ご協力ください。
詳しくはお近くのJAとさし金融窓口までお問い合わせください。